指定研修

強度行動障害支援者養成研修

「強度行動障害支援者養成研修」は、障害者総合支援法に基づき、知的障害、精神障害により強度の行動障害を有する者に対し、適切な支援計画の作成に関する事、ならびに障害福祉サービスに関する必要な知識と技能の習得を目的としています。


行動援護従事者養成研修 

※令和2年度末で経過措置期間が終了します!!資格取得が必須となります。お早めにご受講を検討お願いいたします。

行動援護従業者とは、障害者自立支援法に基づき、知的障害又は精神障害により行動上著しい困難を有する障害者等で常時介護を要する方に、当該障害者等が行動する際に生じ得る危険を回避するために必要な援護、外出時における移動中の介護サービスを提供する方の資格です。


同行援護従業者養成研修

※平成26年10月1日より、当該業務従事者の「同行援護従業者養成研修(一般課程)」修了が必須となります。

サービス提供責任者は同研修応用課程の修了が必須となります。

一般課程を修了すると、同行援護従業者として働くことが出来ます!

応用課程を修了すると、サービス提供責任者の資格要件を得ることが出来ます!