ホーム > 受験対策講座 > ケアマネジャー受験対策

介護サービスを利用される方やそのご家族のからの相談に応じ、利用者の方が心身の状況に応じた適切なサービスを利用できるよう、支援する専門職です。

要介護者、要支援者のケアプラン(居宅サービス計画)を作成し、施設・居宅サービス事業者との連絡調整を行う業務を担います。

資格取得後は福祉施設や居宅介護支援事業所等、活躍の場はさらに広がります。


介護支援専門員の業務に従事するためには、介護支援専門員実務研修受講試験に合格後、実務研修を終了し、各都道府県の介護支援専門員名簿に登録を行い、介護支援専門員証の交付を受けることが必要です。



受験資格

介護支援専門員実務者研修受講試験は、受験資格があり、一定の実務経験を有する方が対象となります。福祉や医療の分野で国家資格をもち、福祉や医療の分野で国家資格等に係る業務が通算して5年以上あり、かつその業務も従事した日数が900日以上であるものとされています。

※詳細は、試験案内をご確認いただくか、お問い合わせください。


国家資格等についてはこちら